金融と経済大特集~銀行員の金融と経済の話~

金融と経済について楽に書き綴ります。日本の経済とアメリカの経済、経済と金融の関係などなど、面白い話題はたくさんあります。初心者から本格派まで大歓迎!金融や経済に興味がある方はぜひどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

銀行が金融の中心

日本では銀行が金融の中心として位置づけられています。

金融自由化の影響もあり、株式投資も一般的になってきましたがいまだに銀行が担う役割は大きいですし、少し前までは完全に銀行が金融の中心にいました。

これは、明治政府の経済を発展させる際の政策から来ています。

近代化はイギリスの産業革命に始まり、欧米が先頭を走りました。日本はその欧米に追い付け追い越せで、経済を発展させる必要があったのです。

近代化とはつまりは工業化です。国内を工業化するにはある程度まとまった資本が必要となります。

そのためには『銀行』という機関に庶民のお金を集め、それを元手にして企業にまとめて融資するのがてっとり早かったのです。

企業はそのお金を使い設備投資などを行うことができるのです。

このようにして、銀行は金融・経済の中心を担う存在として生まれました。

そして、第2次大戦後の復興の中で、その地位はさらに強いものになるのです。

続く



[ 2009/10/27 00:40 ] 銀行制度 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

あっき

Author:あっき
こんにちは^^金融と経済大特集へようこそ!
某地方銀行で銀行員してます。
金融の世界に興味があってこの仕事につきました。

当ブログはリンクフリーです。相互リンクも募集中!コメント欄に書いてください!

コメントも自由にどうぞ。(マナーだけは守ってくださいね)

つたない文章ですが、読んで参考になればうれしいです。よろしくお願いします。

最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。