金融と経済大特集~銀行員の金融と経済の話~

金融と経済について楽に書き綴ります。日本の経済とアメリカの経済、経済と金融の関係などなど、面白い話題はたくさんあります。初心者から本格派まで大歓迎!金融や経済に興味がある方はぜひどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アメリカ基本情報

今の世界経済を考える上でアメリカを外すことはできません。

軍事力、経済力で文句なしの世界一を誇りやりたい放題できたジャイアンみたいな国ですが、細かく見るとどういった国なのでしょうか?

ここではアメリカを経済的な指標から眺めたいと思います。

まず、アメリカのGDPは14兆ドルで世界一です。

人口は3億人超で、一人当たりGDPにすると約46000ドルになります。

業種別にみると、農業 (0.9%)、工業 (20.6%)、サービス業 (78.5%)となっており、サービス業が大きな割合を占めています。

アメリカの対外債務は13兆ドルを超えており、GDPの95パーセントに当たります。

現在、世界最大の債務国家でもあるのです。

歳入は2兆5230億ドル、歳出は3兆1500億ドルで約5000億ドルの財政赤字ですね。

この財政赤字と、貿易赤字は双子の赤字と名付けられており、様々に問題視されていますが、それについては後ほど。

またアメリカは軍事費として毎年4500億ドル近く使っており、世界の中でもずば抜けた軍事大国です。


スポンサーサイト
[ 2009/10/25 13:10 ] アメリカ経済 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

あっき

Author:あっき
こんにちは^^金融と経済大特集へようこそ!
某地方銀行で銀行員してます。
金融の世界に興味があってこの仕事につきました。

当ブログはリンクフリーです。相互リンクも募集中!コメント欄に書いてください!

コメントも自由にどうぞ。(マナーだけは守ってくださいね)

つたない文章ですが、読んで参考になればうれしいです。よろしくお願いします。

最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。