金融と経済大特集~銀行員の金融と経済の話~

金融と経済について楽に書き綴ります。日本の経済とアメリカの経済、経済と金融の関係などなど、面白い話題はたくさんあります。初心者から本格派まで大歓迎!金融や経済に興味がある方はぜひどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

稲盛和夫氏が日本航空のCEOに就任

日本航空のCEOに京セラ名誉会長の稲盛和夫氏が就任しましたね。

稲盛和夫氏は会計を基礎として利益を上げることにこだわる経営者です。

原価を抑え、なおかつ利益を上げる。そのための会計制度にこだわって京セラを運営されてきました。

たぶん、今の日本航空は利益に対する意識はあまりないと思います。

航空産業は参入障壁が高く、詳しいことはわかりませんが、許認可制になっているものと思われます。

銀行と同じで、事務作業をしていれば給料が振り込まれる。まあ、つぶれることはないだろうという意識の方が多いのではないでしょうか。

なぜ、そういった意識がでてくるのかはおいといて、その日本航空に、稲盛和夫氏の経営手腕がどの程度通用するのか、楽しみです。


スポンサーサイト
[ 2010/02/01 21:04 ] 金融と経済 | TB(-) | CM(6)

日本の経済発展1~銀行と証券会社~

日本の経済は銀行を中心とした金融制度によって戦後の発展を遂げました。

人々の持つお金を銀行に集め、企業へと貸し出したのです。

このことを、間接融資と言います。

一般に融資と言ってイメージされるのは間接融資ですね。

それに対し、企業が発行する株や社債を直接引き受けるのが直接融資です。

直接融資は証券会社の得意分野です。

今でこそ、金融の自由化がすすみ、銀行も証券会社も直接・間接関係なく動けるようになったのですが、以前は完全に役割が分担されていました。

そもそも、日本経済の発展が、上に書いたように間接融資を中心としたものでしたので、証券会社は結構地味な存在でした。

デイトレーダーといった言葉もいまでは一般的ですが、1990年以前はよくわからない怪しげな取引をやっている人といったイメージだったのです。

では、なぜ銀行と証券の業務は分離されていたのでしょう?
 

 銀行は庶民からの短期の預金を主な資金源としているため、融資も短期間に返済可能となる融資に限定すべきだという考え方がされていました。

 具体的には手形の割引を主としていました。(ちょっと専門的なので気にしないでください)
(参考:ゼミナール現代金融入門

それに対し株や社債は短期間での売買を予定していませんから、銀行はそういった業務をするべきではないと考えられていたのですね。

 ここで疑問が・・・では、長期の融資はどうしていたの??

 長くなってきたので、次回にまわします。
[ 2009/10/29 21:06 ] 金融と経済 | TB(-) | CM(0)

金融や経済を見るときの視点

今回は視点の話をしたいと思います。

金融や経済を勉強するとき、様々な知識を寄せ集めても、ある程度はわかった気になるのですが、いまいちしっくりこないということがあると思います。

経済の話では単発で興味深い話はいっぱいありますから本などを読んでいても面白いのですが、自分の知ってる知識がどうもつながらない気がするときがあると思います。

私自身もそんな感覚を何度も経験しています。歴史の勉強をするときに似ている気がします。

それを解決するとためには自分の視点を意識するというのが1つの方法としていい気がします。

例えば現在のアメリカ経済についての話なのか。金融の発展についての話なのか。

1920年と今の比較をしているのか。

事実なのか法則なのか意見なのか。

自分の中で一つの視点を定めて、それに沿って話をまとめるというのは理解を深めるのに役立つと思います。

私自身がまだまだなのですが、そこは御愛嬌で^^




[ 2009/10/27 00:17 ] 金融と経済 | TB(-) | CM(0)

金融と経済の関係

 金融と経済の関係についてです。

 金融と経済はお互いに大きくかかわっています。

 しかし同じものではありません。そのため金融の力と経済力は必ずしも一致しません。

 例えば、今のアメリカは金融・経済大国だと言えるでしょう。日本は経済大国ではありますが、金融面では今一歩と言えそうです。

 金融とは?経済とは?という根本的な話は後回しにして、金融と経済はどういった関係にあるのでしょうか?

私の考えなのですが、金融は経済の歯車です

一般に経済活動の評価は、GDP(国内総生産)であらわされます。多く生産する国が経済力があるということですね。

金融は、その経済活動をお金の面から支えます。

金融機関には銀行や証券会社、保険会社がありますが、それぞれ経済活動を支えています。

金融と経済はどちらも漠然とした言葉ですが、金融の方がより細部を見ている言葉といえるのではないでしょうか。

そのため、銀行の実務では経済の知識よりも金融の知識、法律知識が必要とされます

ただ、金融の知識だけを学べは細部を見ている分大きな枠組みが見えなくなりがちなので、意識的に経済に関する学びをすることが大事だなと思います。




 

 
[ 2009/10/24 23:44 ] 金融と経済 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

あっき

Author:あっき
こんにちは^^金融と経済大特集へようこそ!
某地方銀行で銀行員してます。
金融の世界に興味があってこの仕事につきました。

当ブログはリンクフリーです。相互リンクも募集中!コメント欄に書いてください!

コメントも自由にどうぞ。(マナーだけは守ってくださいね)

つたない文章ですが、読んで参考になればうれしいです。よろしくお願いします。

最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。